2015年12月22日火曜日

Mac 版 Minecraft を Java 8 で起動させる方法

PC 版の Minecraft を動かすには Java が必要です。
Windows 版では最新版の Java をインストールすれば Minecraft が起動します。

ところが Mac 版では最新版の Java 8 をインストールしてもこんなダイアログが出てきます。


「"Minecraft"を開くには、以前の Java SE 6 ランタイムをインストールする必要があります。」

なぜかよく分かりませんが、Mac 版では古いバージョンの Java 6 が必要らしいです。

詳しい情報...をクリックすると Apple のサイトが開き、そこから Java 6 をダウンロードすれば解決する話ではあるのですが、説明をよく見ると Java 6 は古いため非推奨バージョン扱いになっています。セキュリティなど何らかの問題がある可能性もありそうですし、Java を複数バージョン混在させたくもなかったので、Mac 版 Minecraft を最新版の Java 8 で起動させる方法を試してみました。

(追記 2017年02月23日)
Minecraft のランチャーが新しいバージョンに更新され、特に何もしなくても最新版の Java で Minecraft が起動できるようになりました。

Java をインストール


Java の公式サイトからファイルをダウンロードしてインストールします。指示に従って進めていけば、その時点での最新版がインストールされます。


Minecraft 起動用のエイリアスを作る


Finder を開き「アプリケーション」フォルダを表示します。

アプリケーション内の Minecraft のアイコンを右クリック(Control +クリック)でメニューを開き、「パッケージの内容を表示」をクリックします。



ウインドウが表示されたら Contents → Resources → Java と順にフォルダを開きます。

Java フォルダ内の Bootstrap.jar をドラッグしてデスクトップ上で離し、Bootstrap.jar のエイリアスが作成されたらエイリアスのファイル名を Minecraft などに変更します。(アイコンの左下に矢印があるのがエイリアス。Windows のショートカットと同じようなもの。)



このエイリアスをダブルクリックすると Minecraft が起動します。最新版 Java でもエラーが起こるようなことはなく、Minecraft の動作は問題ありません。

ちょっと味気ないアイコンですが…


Yosemite まではエイリアスのアイコンを簡単に変更することができたのですが、El Capitan では SIP (System Integrity Protection) によりセキュリティが強化された影響のためか、コーヒーカップのアイコンから変更できなくなってしまいました。自分は面倒なのでやりませんでしたが、SIP を無効にすると、おなじみの土ブロックのアイコンなどに変えることもできると思います。

個人的には公式に最新の Java に対応してくれたらいいのにと思うのですが、現状のように Java 6 を必要とするのは何か理由かあるんですかね。謎です。とにかく、以上の方法により、Java 8 でマインクラフトを起動できるようになります。

2015年12月21日月曜日

Windows 10 インストール用 USB メモリーの作り方

Windows 10 の正式版がリリースされて数ヶ月が経ちました。11 月中旬から Windows 10 最初の大きなアップデート「Fall Update」の配信も始まっています。自分は Windows 10 Home の USB パッケージ版を買いましたが、この USB インストールメディアは旧バージョンになってしまいました。この旧バージョンの USB でもインストールは行えますが、結局アップデートする手間が増えるだけなので、最初から新しいバージョンの Windows がインストール可能な USB メモリーを作成してみました。

Windows 10 インストール用 USB メモリーの作成手順


まず容量 8GB 以上の USB メモリーを用意します。8GB 以上であればどれでも大丈夫ですが、なるべく高速な USB 3.0 対応のものがいいと思います。

次にこちらの Microsoft のサイトを開きます。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

これ以降は使っているOSにより手順が変わります。

サイトに Windows 7 ~ 10 でアクセスした場合
Windows 10 のメディア作成ツールのダウンロードページが表示されます。


「ツールを今すぐダウンロード」をクリックしてツールをダウンロードします。
ダウンロードが完了したら MediaCreationTool.exe を実行します。

「他の PC 用にインストール メディアを作る」を選択し、次へをクリックします。

言語、エディション、アーキテクチャが自動選択されているもので問題なければそのまま次へをクリックします。
異なる言語やエディションが必要な場合は「この PC におすすめのオプションを使う」のチェックをはずして必要なものに変更します。

「USB フラッシュ ドライブ」を選択して空の USB メモリーを PC に接続し、次へをクリックして指示通り進めていけばイメージファイルがダウンロードされインストール用 USB メモリーが作成されます。

サイトに Windows 7 ~ 10 以外でアクセスした場合
 ISO ファイルを直接ダウンロードするページが表示されます。


まずはエディションの選択をします。


選択肢の中の「Windows 10」を選んで確認を押します。
次に製品の言語の選択で「日本語」を選択し確認を押します。

少し待つと ISO ファイルのダウンロードボタンが表示されます。


32-bit か 64-bit のどちらか必要な方をクリックし、ISOファイルをダウンロードします。

(32-bit 版)  Win10_1511_Japanese_x32.iso
(64-bit 版)  Win10_1511_Japanese_x64.iso

それぞれ上記ファイル名のイメージファイルがダウンロードされます。
(※ 今後バージョンが上がった場合ファイル名は変わる可能性があります。)

USB メモリーへの書き込み


ISO イメージからブータブル USB を作成できるオープンソースツール「Rufus」をダウンロードします。このツールは Microsoft 純正のツールより書き込みが速いようです。

Rufus 公式サイト https://rufus.akeo.ie/


空の USB メモリーを PC に接続し、Rufus を起動します。


赤丸部分のアイコンをクリックし、ダウンロードした ISO ファイルを選択します。
「スタート」を押せば書き込みが開始され、インストール用 USB メモリーが作成されます。


これで完成です。

作成した USB メモリーから起動すれば Windows 10 のインストールができます。
Home と Pro の両エディションに対応しており、インストール時に選択が可能です。

2015年6月24日水曜日

Mac mini で StationTV Link を使うためのディスプレイ接続ケーブル

先日、Mac 版の DTCP-IP 対応視聴アプリ「StationTV Link」の体験版を使ってみました。ところが、ディスプレイとの接続の問題で「映像出力の保護ができない」と表示が出て映像を見ることができませんでした。Mac で nasne の映像を再生できる唯一のアプリなので買うつもりでしたが、これは困りました。

Mac mini とディスプレイ (DELL P2214H) は HDMI-DVI 変換ケーブルで接続していたのですが、Mac 版 StationTV Link は DVI での接続には非対応でした。コンテンツ保護のためには HDCP 対応ディスプレイに Mini DisplayPort, Thunderbolt, HDMI のいずれかで接続する必要があるようです。そこで新たな接続ケーブルを買って再度試してみました。

新しく買ったケーブルはこちら。
これは Mac の Thunderbolt (Mini DisplayPort) から DisplayPort に接続することができるケーブルです。P2214H には DisplayPort はありますが HDMI が無いため、Mac とP2214H ディスプレイの組み合わせでは、このタイプのケーブル以外には映像保護に対応できる接続方法がありません。そのため、このケーブルがだめだと現在の環境では StationTV Link は使えないことが確定してしまいます。

新しいケーブルを接続


早速今回購入したケーブルに差し替えてみました。起動すると設定などを変える必要もなく画面は正常に表示されました。

そして肝心の StationTV Link を起動して再生してみると、以前のような警告表示はなく、動画を見ることができました!

ケーブルが無駄にならなくてよかった(^^;


StationTV Link の映像は自分が見る分には画質も十分で特に不満は感じませんでした。何より Mac で nasne の映像が見られるというのは非常にありがたいです。

ちなみに体験版のままだと 5 分で下記のような表示が出ます。

「5分経過したため映像を中断しました。」

StationTV Link は、変換アダプタの類を間に挟むと映像が見れなくなるようなので、今回のケーブルで見ることができなければ、完全にお手上げになるところでした。ディスプレイの買い換えではなく、1,000 円程度のケーブルで解決できて良かったです。

しかし最近のディスプレイであれば HDMI コネクタが付いてない方が珍しそうですし、普通はこんな問題起きないでしょうね。とにかく、この Mini Displayport - Displayport 変換ケーブルは、自分にとってはとても有益なケーブルでした。

ちなみに Thunderbolt 接続は HDMI と同時出力ができるらしいので、このケーブルはデュアルディスプレイにする場合にも使えそうです。

関連記事:
Mac mini で nasne 対応視聴アプリ StationTV Link を使ってみたら…

2015年5月13日水曜日

Mac mini で nasne 対応視聴アプリ StationTV Link を使ってみたら…

先月ピクセラから DTCP-IP 対応の視聴アプリ「StationTV Link」の Mac 版がリリースされました。これが登場するまでは Mac では Boot Camp か仮想化ソフトから Windows の視聴アプリを使わなければ nasne の映像を見ることができなかったので、自分を含め nasne を使っている Mac ユーザーにとっては待望のアプリだと思います。

ピクセラのサイトを見たところ、シリアルキーを購入しなくても体験版として5分間は再生できるらしいので、試しに Mac mini で使ってみました。


StationTV Link の体験版を試用


公式サイトからファイルをダウンロードしてインストール。起動して再生しようとすると、


「映像出力の保護ができないため、映像表示を中断しました。」の表示が。

なんとなくそうなる気はしてましたけどね…。

自分が使用しているディスプレイの DELL P2214H には HDMI コネクタがないため、HDMI-DVI 変換ケーブルで HDMI 出力を DVI コネクタに接続しています。この接続でも通常の使用では画面表示は全く問題ありません。しかし Mac 版 StationTV Link が DVI 接続には対応しておらず、この接続方法では StationTV Link での視聴には使うことができませんでした。Mac mini で可能な著作権保護対応の接続方法は HDMI 以外では Thunderbolt (Mini DisplayPort) 接続ですが、ケーブルを持っていないのでこれはまた後日入手して試してみようと思います。

*追記
下のような Thunderbolt (Mini DisplayPort) 接続のケーブルで StationTV Link の映像を見ることができました。

関連記事:
Mac mini で StationTV Link を使うためのディスプレイ接続ケーブル

2015年5月11日月曜日

Windows 10 で PC TV with nasne と LocationFree LFA-PC20 を使ってみた

私は以前から自室でのテレビ視聴には SONY のロケーションフリー LF-PK20 に東芝の HDD レコーダーを接続した環境を使っています。アナログ時代のものですし画質などはあまりよくないですが、たまにテレビを流し見る程度には十分なので未だに現役です。

ネットワークレコーダー nasne を導入


しかし、さすがにそろそろ新しいネットワークテレビ環境が欲しかったので、前から気になっていた HDD レコーダー「nasne」を買ってみました。


nasne は PlayStation やタブレット、DLNA 対応テレビなどからネットワークを通じて放送中の番組や録画を視聴することができる HDD レコーダーで、NAS としても使えるなかなかの優れものです。リビングの Panasonic のテレビからでも iPad からでも PC からでも、とにかく家中の端末から一つのレコーダーを使えるというのは想像以上に便利でした。この記事を見ると SONY の人がロケフリ復活のためにがんばってくれたみたいですね。

しかし家にある nasne の視聴に対応した機器は家族共用のものばかりで、自分ではあまり使えていないという状況になっています。自分が主に使っているノート PC の DELL XPS M1330 は OS が Vista のため、PC 用の視聴アプリ「PC TV with nasne」が対応していません。インストールを試してはみましたが、途中で「この OS は未対応です」というダイアログが出てきて完了しませんでした。

PC TV with nasne の動作環境


PC TV with nasne の動作要件は以下のようになっています。

  ・Windows 7, 8 または 8.1
  ・Core2 Duo 2.0GHz 以上必須 (インテル Core i3 以上推奨)
  ・メモリ 2GB以上必須(4GB以上推奨)
  ・グラフィックス WDDM1.0 以上のドライバを備えたDirectX対応グラフィックデバイス
      NVIDIA GeForce 9 シリーズ以降必須(NVIDIA GeForce 400 シリーズ以降推奨)
      Intel G41チップセット以降必須(インテル HD Graphics 以降推奨)
      ATI Radeon HD 4xxx シリーズ以降必須(ATI Radeon HD 5xxx シリーズ以降推奨)

OS が Vista では問題外ということはさておき、XPS M1330 はグラフィックスが Intel G41 より古い Intel GMA X3100 ですが、CPU やメモリなどその他の要件は満たしています。これなら OS が新しければインストールくらいはできるのでは?と思ったので XPS M1330 に Windows 10 Technical Preview (評価版)を入れた機会にアプリが動くかどうかを試してみました。


PC TV with nasne の動作確認


PC TV with nasne は起動し、映像も見ることができました。
グラフィックスは G41 チップセット以降必須と書いてありますが、設定で「ハードウェアアクセラレーターによる再生を使用する」のチェックをはずせば未対応のものでも見ることができました。要するにハードウェアアクセラレーションを使うには最低でも G41 チップセット以降が必須ということのようです。しかし GPU 支援なしでも CPU 使用率は 20% 程度で処理が極端に重くなるようなことはなく、実用上は問題なさそうでした。

LFA-PC20 の動作確認


ロケーションフリーの視聴アプリ「LFA-PC20」の動作確認もしてみました。公式には Windows 7 以上は未対応となっていますが、Windows10 でも普通に起動して視聴もできました。ウインドウの端の方の表示が少しズレたようになっていましたが、映像自体に問題はなく普通に見ることができました。Windows10 でも LF-PK20 は使えそうです。

*追記
ウインドウ端の表示のズレは Windows 10 製品版では直っていました。

まとめ


自分がやりたいことの為には XPS M1330 に Windows 10 を導入するだけでどうにかなりそうな感じです。全く使えないソフトなどが出てきたら PC を買い換えるつもりでいるのですが、どれもそれなりに使えてしまって逆に困るところです(^_^; まぁ使える限りは使おうと思います。

2015年4月30日木曜日

DELL XPS M1330 に Windows 10 TP をインストール

先日 XPS M1330 のメモリを 4GB に増設して Vista が快適に動作するようになりました。すると欲が出てきて、7 月末に発売と言われている Windows 10 も使えないだろうか?などと思い始めたり。そこで Windows 10 のシステム要件を調べてみました。

システム要件
  • CPU: 1 GHz 以上
  • メモリ: 1 GB (32 ビット) または 2 GB (64 ビット)
  • ハード ディスクの空き容量: 16 GB
  • グラフィックス カード: Microsoft DirectX 9 グラフィックス デバイス (WDDM ドライバー付き)
  • Microsoft アカウントとインターネット アクセス

これを見ると XPS M1330 でも行けそうな気がします。

とりあえず Windows 10 Technical Preview 64bit をインストールしてみることにしました。

結果




インストールできて普通に使えました。

むしろあっけなく動いてびっくりです(^_^; インストール時にエラーが出るようなこともありませんでした。評価版なのでおかしなところはいくつかあるものの、Vista と比べても動作は軽快で起動も速いです。Core 2 Duo でも大丈夫そうですね。このスペックの PC でも普通に使えるとは驚きです。心配だったドライバはほとんどのデバイスで最初からインストールされていました。全てのデバイスの動作を確認したわけではないですが、画面表示、音声、指紋認証などは正常に機能しているようです。

唯一 Ricoh の Memory Stick Controller のドライバだけは入っておらず、Dell のサイトから Vista 用のドライバをダウンロードしてインストールしました。他には Windows 10 の汎用ドライバでは Touchpad のスクロール機能が利かなかったり、音は出るもののサウンドデバイスが実際とは異なるデバイスとして認識されるなど、若干の問題はありましたが、Vista や Win 7 のドライバをインストールすることで解決できました。

インストールしたドライバおよびアプリ

正式版でどうなるか分かりませんが、大きな変更がない限りは XPS M1330 でも Windows 10 を使えそうな印象です。

*追記
製品版の Windows 10 も問題なく動作しました。必要なドライバをインストールして、いくつかの設定を変更すれば正常に使用できます。

関連記事 : DELL XPS M1330 の Windows10 インストール手順

2015年4月29日水曜日

DELL XPS M1330 のメモリ増設 - 2GB から 4GB へ

DELL XPS M1330 は Vista マシンですが、ネットを見たり文書を作る程度ならまだ十分使えるノート PC なので、今でもよく使っています。しかし最近、頻繁にハードディスクにアクセスして動作が固まったり遅くなることが増えてきました。

普段使っているブラウザの Firefox はメモリ消費が結構多いらしく、使っているとメモリ不足に陥ってスワップが発生しているようです。動作が遅くなるのは困るし、ハードディスクへの負荷から故障が早まるのも困るので、スワップによるディスクアクセスを減らそうと思い、今更ながらメモリを 2GB から最大量の 4GB に交換増設することにしました。

増設用のメモリ


XPS M1330 に対応するメモリの規格は PC2-5300 DDR2 SDRAM 667MHz です。2GB 2 枚組のものを購入しました。


メモリ交換の手順


交換作業は PC 本体裏側のネジを数本外してカバーを開け、元々付いているメモリ 2 枚を取り外して新しいものに付け替えるだけです。カバーを開けるだけでメモリスロットが見えるので、交換は割と簡単にできました。交換方法の詳しい説明はマニュアルの p134 - にあります。

Dell の公式マニュアル :
Dell XPS M1330 オーナーズマニュアル

交換が終わって電源を入れてみると、普段の起動とは少し違って画面が黒いままの状態がしばらく続き、 BIOS から先になかなか進みませんでした。多少不安になりましたが、少し待っていると英語で「メモリがインストールされました」という内容の表示が出て再起動され、無事 Windows が起動しました。交換後の初回起動は新しいメモリの認識作業が行われるようです。

メモリ増設の結果


正直なところ、メモリを増やしたくらいでは動作はそれ程変わらないだろうと思っていたのですが、実際は効果抜群でした。ハードディスクへのアクセスが激減して起動直後から動作が軽い!これはすごい。

どうしてもっと早く増設しなかったんだろう…(^^;



メモリサイズは 4GB と認識され、動作もデュアルチャネルになっており、問題はないようです。OS が 32bit なので実際に使えるのは 3.5GB 程度でしたが、それでもメモリ増設の効果は自分の環境では劇的でした。

インストールしているソフトにより多少の違いは出るかもしれませんが、メモリが 2GB では Vista が起動するだけでギリギリに近いらしく、快適に使うには 2GB 以上あった方がいいようです。もしハードディスクが頻繁にカリカリと動いていて遅いなと感じる場合には、メモリの増設をしてみることお勧めします。

また、メモリ増設だけでなく SSD への換装も動作改善に効果があるかもしれません。SSD の価格も徐々に下がってきているようなので、そちらもまた時間のあるときに試してみようかなと思います。

2015年4月7日火曜日

Buffalo ルーターの設定画面が 404 Not Found

自宅の無線 LAN ルーターの調子が悪かったため、AirStation WHR-HP-GN から同じ Buffalo 製の WHR-300HP2 に買い換えました。

自分はそれほど性能を重視しておらず、価格が安いこのモデルを買いましたが、それでも今まで使っていたルーターの 2 倍の通信速度になったので、ファイル共有でのコピーが速くなり、まるでハイエンドの機種を買ったような気分になれました(笑。とにかく無線が繋がればいいという人であれば、不満なく使えるルーターだと思います。

ただ一つ、ルーターの交換で落とし穴がありました。

新しいルーターを設置して設定をしようと思い、http://192.168.11.1/を開くと


404 Not Found

なぜか設定画面が出てこない。

アドレスバーに"192.168.11.1"と打ち込んでページを開いても"192.168.11.1/cgi-bin/cgi?req=twz"と表示され 404 Not Found。

困ったのでネットで調べてみると、原因としてブリッジモードになっている可能性を指摘する書き込みなどを見つけました。しかし自分は最初からルーターのスイッチをルーターモードに切り替えて使っていたので、ブリッジモードの可能性は無し。他には別のブラウザだと設定画面が出たという情報もあったので、普段使っている Firefox ではなく Chrome で開いてみました。すると実にあっさり設定画面が表示されました。

ひとまず目的は達成。

しかし、設定を見るためだけに別のブラウザを使うのも面倒なので、なんとか Firefox で表示できないかなと色々試してみたら、

ブラウザのキャッシュを消せばいいだけのことでした。

前のルーターの設定ページのキャッシュが悪さをしていたみたいです。Buffalo 製ルーターの場合、機種が違っても設定画面の構成が似ており、IP アドレスも同じ (192.168.11.1) なので、新しい機種の設定画面で古い機種のキャッシュが読み込まれてしまい、表示がおかしくなったのだと思います。これにたどり着くまでに、本体を何度も初期化したり IP アドレス変えたりと、1 時間くらい無駄なことをしていました(^^;

ルーターの買い換えでは、以前と同じメーカーの製品を購入することも多いと思うので、このトラブルは割とよく起きていそうな気がします。もし同じような状況になっている場合には、ブラウザのキャッシュの消去をしてみることをおすすめします。