2017年11月30日木曜日

macOS High Sierra の脆弱性修正アップデートがリリース

macOS High Sierra にパスワードなしで簡単に管理者 (root) ログインできてしまう脆弱性が発見され、NHK のニュースにまでなっていましたが、その問題を修正するセキュリティーアップデートの配布が始まりました。

High Sierra を使用している場合は、なるべく早く Mac の App Store からアップデートした方が良さそうです。

セキュリティアップデート 2017-001(2017 年 11 月 29 日)
https://support.apple.com/ja-jp/HT208315

問題になっている脆弱性は、root アカウントでパスワードを入力することなく管理者として設定の変更などができてしまうという、単純ながら結構ひどいバグです。今のところ Mac を直接操作する方法しか分かっていませんが、リモートアクセスで悪用される可能性も考えられるので、そのままにしておくのは危険性が高そうです。

アップデート後に確認してみると、root ユーザーで設定のロック解除をしようとしても、ダイアログがプルプルして拒否するだけで、設定のロックは解除できませんでした。ひとまずこれで一安心。

root と入力して「ロックを解除」を押しても解除されませんでした

ちなみにアップデートを行った後に再起動をすると、iCloud のログインパスワードを再入力する必要がありました。

今回はすぐに修正が出たのでよかったですが、それだけ致命的なバグだったということなんでしょうね。Apple も「このアップデートをなるべく早くインストールしてください。」と言っているので、なるべく早めのインストールをおすすめします。

*追記
再度アップデートがリリースされました。最初のアップデート(ビルドナンバー「17B1002」)は適用するとファイル共有が使えなくなる不具合があったようです。最新のアップデートを適用すると macOS のビルドナンバーが「17B1003」になります。


2017年11月21日火曜日

Fire OS 5.6.0.0 で apk がインストールできない時の対処方法

先日 Fire 7HD 8 が Fire OS 5.6.0.0 にアップデートされました。5.4.0.1 より少し動作が軽くなった感じで、概ねいいアップデートではないかと思います。ただ一つ、問題がありました。

アップデートされたついでに、少し挙動がおかしかった Fire を初期化してセットアップし直したのですが、バックアップしておいたアプリの apk をインストールしようとしたところ、インストールの画面で「インストール」ボタンがグレーアウトして押せない状態になっていました。

この問題を避けてアプリをインストールする方法があったので、それをご紹介します。

*追記 (2017/12/05)
Fire OS 5.6.0.0 の 3 回目のアップデートでこの問題は改善されました。

apk のインストール方法


1. アプリのインストール画面で一番下のバーのタスクボタン(四角ボタン)をタップする。


2. タスク切り替え画面が表示されたら、一番前面のウインドウをタップして元の画面に戻る。


3. もう一度アプリのインストール画面を表示すると「インストール」が押せるようになります。


ちょっと面倒ですが、この手順でインストールできました。

タスクボタンに限らず、ホームボタンをタップしてホームを表示したあと再びインストールでも同じようにできます。とにかく一度画面表示を切り替えればインストールが押せるようになるみたいですね。

以前のバージョンの Fire OS でも常駐アプリが動いていると apk がインストールできないバグ?があったので、それがまた別の形で出てきたのかなという気もします。

当面はこの方法でしのいで、今後のアップデートで解消されることに期待ですね。