2015年5月13日

Mac mini で nasne 対応視聴アプリ StationTV Link を使ってみたら…

先月ピクセラから DTCP-IP 対応の視聴アプリ「StationTV Link」の Mac 版がリリースされました。これが登場するまでは Mac では Boot Camp か仮想化ソフトから Windows の視聴アプリを使わなければ nasne の映像を見ることができなかったので、自分を含め nasne を使っている Mac ユーザーにとっては待望のアプリだと思います。

ピクセラのサイトを見たところ、シリアルキーを購入しなくても体験版として5分間は再生できるらしいので、試しに Mac mini で使ってみました。


StationTV Link の体験版を試用


公式サイトからファイルをダウンロードしてインストール。起動して再生しようとすると、


「映像出力の保護ができないため、映像表示を中断しました。」の表示が。

なんとなくそうなる気はしてましたけどね…。

自分が使用しているディスプレイの DELL P2214H には HDMI コネクタがないため、HDMI-DVI 変換ケーブルで HDMI 出力を DVI コネクタに接続しています。この接続でも通常の使用では画面表示は全く問題ありません。しかし Mac 版 StationTV Link が DVI 接続には対応しておらず、この接続方法では StationTV Link での視聴には使うことができませんでした。Mac mini で可能な著作権保護対応の接続方法は HDMI 以外では Thunderbolt (Mini DisplayPort) 接続ですが、ケーブルを持っていないのでこれはまた後日入手して試してみようと思います。

*追記
下のような Thunderbolt (Mini DisplayPort) 接続のケーブルで StationTV Link の映像を見ることができました。

関連記事:
Mac mini で StationTV Link を使うためのディスプレイ接続ケーブル

0 件のコメント:

コメントを投稿