2015年4月7日火曜日

Buffalo ルーターの設定画面が 404 Not Found

自宅の無線 LAN ルーターの調子が悪かったため、AirStation WHR-HP-GN から同じ Buffalo 製の WHR-300HP2 に買い換えました。

自分はそれほど性能を重視しておらず、価格が安いこのモデルを買いましたが、それでも今まで使っていたルーターの 2 倍の通信速度になったので、ファイル共有でのコピーが速くなり、まるでハイエンドの機種を買ったような気分になれました(笑。とにかく無線が繋がればいいという人であれば、不満なく使えるルーターだと思います。

ただ一つ、ルーターの交換で落とし穴がありました。

新しいルーターを設置して設定をしようと思い、http://192.168.11.1/を開くと


404 Not Found

なぜか設定画面が出てこない。

アドレスバーに"192.168.11.1"と打ち込んでページを開いても"192.168.11.1/cgi-bin/cgi?req=twz"と表示され 404 Not Found。

困ったのでネットで調べてみると、原因としてブリッジモードになっている可能性を指摘する書き込みなどを見つけました。しかし自分は最初からルーターのスイッチをルーターモードに切り替えて使っていたので、ブリッジモードの可能性は無し。他には別のブラウザだと設定画面が出たという情報もあったので、普段使っている Firefox ではなく Chrome で開いてみました。すると実にあっさり設定画面が表示されました。

ひとまず目的は達成。

しかし、設定を見るためだけに別のブラウザを使うのも面倒なので、なんとか Firefox で表示できないかなと色々試してみたら、

ブラウザのキャッシュを消せばいいだけのことでした。

前のルーターの設定ページのキャッシュが悪さをしていたみたいです。Buffalo 製ルーターの場合、機種が違っても設定画面の構成が似ており、IP アドレスも同じ (192.168.11.1) なので、新しい機種の設定画面で古い機種のキャッシュが読み込まれてしまい、表示がおかしくなったのだと思います。これにたどり着くまでに、本体を何度も初期化したり IP アドレス変えたりと、1 時間くらい無駄なことをしていました(^^;

ルーターの買い換えでは、以前と同じメーカーの製品を購入することも多いと思うので、このトラブルは割とよく起きていそうな気がします。もし同じような状況になっている場合には、ブラウザのキャッシュの消去をしてみることをおすすめします。

0 件のコメント:

コメントを投稿