2017年1月3日火曜日

スペインのいちじくチョコ「ラビトスロワイヤル」がおいしい

家族がスペイン旅行に行ってきました。マドリード、バルセロナ、グラナダ、コルドバなどを巡り、サグラダファミリアやイスラム様式の歴史的建造物などを見てきたりと、スペインを満喫してきたようです。自分もヨーロッパの旧市街など、中世の雰囲気の残る町並みはいつか見てみたいですね。

ヘネラリフェ アセキアの中庭

スペインのお土産をゲット!


それはさておき、お楽しみのスペインのお土産を手に入れました\(^o^)/
リクエストしたのは、事前に調べてお土産として人気と言われていたもの。

「プリングルズ 生ハム味」
「Valor のチョコレート」
「なんかスペインっぽいシーフードの缶詰」
「パエリアの素」

プリングルズ生ハム味はスペインご当地限定商品のようです。基本的にはポテトチップスの味なのですが、食べていると確かに生ハムの風味があり、結構おいしかったです。生ハムというのがスペインらしさを感じてお土産としても印象的なので、人気があって喜ばれるのも分かる気がします。

スペインっぽい缶詰は、パッケージの写真を見るとおいしそうだったのですが、正直味はイマイチなものが多かったような…。でも味付けの違いから日本とスペインとの食文化の違いは感じられます。そのまま食べるのではなく、何かの料理に使うべきものだったのかも?

とにかく、どのお土産もスペインの雰囲気を味わえるものだったので、買ってきてもらえてとてもよかったです(^^

しかしながら、一番のスペイン土産は他にありました。

添乗員さんにおすすめされて何気無く買ってきたという、いちじくの入ったチョコレート「ラビトスロワイヤル」これは自分が今までもらった外国土産のお菓子の中では、間違いなく圧倒的な差で第1位です。


ラビトスロワイヤル (Rabitos Royale) とは


ラビトスロワイヤルの輸入販売をされている会社のサイトによると、

高品質なスペイン産ドライいちじくに
職人さんの手で、ひとつひとつ丁寧に
ブランデー風味のチョコレートクリームを詰めています。
さらにいちじくの周りには
チョコレートコーティングをほどこしました。

"株式会社デルタインターナショナル ウェブサイトの商品紹介"より

と言うものだそうです。

すでに食べていて味は知っていたのですが、この商品紹介を読んだ後に改めて食べると、よりおいしい気がしました(笑

いちじくの風味とチョコレートがとてもよく合い、いちじくの種のプチプチした食感も心地よい感じでクセになります。

最初はこのお菓子のことは全く知らず「ん?なんかこれおいしいね」と、じっくり味わうことなく気軽にパクパク食べていたので、ちょっともったいないことをしてしまいました(~_~;)

しかし現地スペインでは…


ところが、こんなにおいしいものであるにも関わらず、旅行中に添乗員さんに「このチョコが美味しいんですよ」とおすすめされた時に買ったのはうちの親だけで、同行していた他の人たちは誰も買わなかったそうです。

なぜかというと、普通の透明なビニール袋にチョコの個包装が無造作に詰め込まれて適当に売られていたため、全然おいしそうなものに見えなかったとか(^^;

親は「まぁせっかくおすすめしてくれたんだし」と一袋買い、奇跡的なおみやげができたという次第です。とりあえず添乗員さんの言うことは素直に聞いた方がいいみたいですね。

もしスペインに行くことがあれば、売り方の雑さに惑わされず、ラビトスロワイヤルはぜひ買ってくるべきものの一つだと思います。

日本でも手に入る?


日本でもカルディや成城石井で取扱われていたり、ネット通販などでも買うことができるようです。秋冬限定商品らしく、販売期間は 10 月〜 4 月頃となっていました。

ただ、現地に比べるとやはり少しお高めで、気軽に買える値段とは言いにくいのが正直なところです。しかし一度味わうと忘れられないおいしさなので、次のシーズンに見かけたら、たまの贅沢用に買ってみようかなと思っています。

このチョコレートは本当におすすめなので、まだ食べたことがない方は、機会があればぜひ一度食べてみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿